Category Archives: FAQ

リピートテクスチャサンプル

背景の地面などで多用するテクスチャのリピートのサンプルデータを公開しました。

画像をクリックすると当該マニュアルのページに移動します

サンプルはdaeと実機用のfmdl、Sofitmageでの設定画面スクリーンショットが同梱されています。背景制作の際は参考にしてください。

アルファテクスチャサンプル

テクスチャのアルファ設定について、今までツールで確認できるサンプルがなかったので新規にサンプルを追加しました。

画像をクリックすると当該のマニュアルページに移動します

グリッドにアルファつきのテクスチャを貼っただけの最もシンプルなデータなので内容の確認も容易になるかと思います。髪の毛など半透明のオブジェクトを作る際の参考にしてください。サンプルはdaeと実機用のfmdl、Sofitmageでの設定画面スクリーンショットが同梱されています。

[FAQ]2D(2.5D)格闘を作ることは出来ますか?

[Q]
2D(2.5D)格闘を作ることは出来ますか?

[A]
これは答えるのがとても難しい質問の一つです。なぜかというと「2D格闘」と言った時に頭の中にあるイメージに非常に幅があるからです。

最もラフなイメージであれば「奥手前への移動が出来なければOK」ですし、最も厳密なイメージだと「めくりやリバーサルやヒットストップやその他主要な2Dのゲームシステム全装備でステージは完全1軸で壁があり、2P側のキャラは左右反転できてキャラはUIより上に描画しないとダメ、キャラと背景に画角がつくのもダメ」である場合もあると思います。

結論から言うとEF-12は2.5Dを念頭には設計していません。3D格闘と2.5D格闘は似て非なるもので両方とも完全なものをメイク可能な仕組みというのは非常に難しいのです。

これを踏まえて以下が可能/不可能リストです(追加質問があれば追記していきます)

・軸移動がない、という基本操作を作ることは可能
・キャラをUIより手前に描画するのは不可能
・背景を絵にするのは不可能
・全ての行動(ダメージ及び攻撃モーション)を2Dの軸線上に固定するのは可能
・ステージに壁を作る(≒リングアウト出来ない仕組みにする)のはウィッシュリストに入っている
・ヒットストップの設定は可能
・アシストキャラは一時的な登場なら可能、常に出し続けることは不可能
・カットイン演出は可能
・1P2Pでキャラを反転するのは不可能
・トゥーンシェーダーは可能
・背景の動くギミックなどはウィッシュリストに入っている
・人型でないキャラを作成することは可能
・敵が背後に回った時自動で振り向かせるのは可能
・カメラを平行投影にしてパースのない絵にするのは不可能

上記をもとにイメージする2D(2.5D)格闘に近いものが製作出来るかどうかをご判断ください。

[Q]
Can I make 2D(2.5D)Fighting system?

[A]
Someone might say “Well, okay, just remove side step,” But other peeps may require all kinds of popular game systems be in place: reverse pose for right side of screen,zero Angle view, draw character in front of UI and more… It’s impossible to say “This is 2.5D”

As a result, EF-12 is built as a pure 3D fighting game engine. As a result, it’s not appropriate for a 2.5D system. However, if you’re okay with the specifications listed below, feel free to use EF-12 as a 2.5D engine.

Fit or not list

Remove side step:possible
Draw characters in front of UI:impossible
2D arena:impossible
Pin all move on only XY plane:possible but hard
Stage limitation:On our To-do list
hit stop efect: possible
Assist character:Possible for momentary appearance, but sustained and controllable assist characters are not supported.
Cut in effect possible
reverse draw when character stand 2P side:impossible
cell shading:possible
Animation object in stage:On our To-do list
Animal or unusually shaped non-human characters: Possible
Auto-turn when opponent move behind character:possible
zero angle camera view:impossible

Check the list and see if this meets your 2.5D fighting game needs.

Aeroについてのご注意

Vista/7でAeroがオンになっているとGPUによっては非常にパフォーマンスが低下します。
以下はGeForce GT620MでのAero有無によるfpsの変化です。

Aeroが利用できる環境のユーザー様でパフォーマンスが悪い場合はAeroオフをお試しください。

※バージョン1.6x以降は自動判別してAeroを一時オフにする機能が搭載されました。