キャラセレ画像を変更する

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャラセレ画像を変更する
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
キャラセレ画像を変更するProject [ EF-12 ]

EF-12にはバージョン0.5からキャラクターセレクト機能がついており、普通の格闘ゲーム同様にイメージを見ながらキャラを選択することが可能になっています。ここで見られるポートレート画像は一般的なフォーマットなので簡単に差し替えることが可能です。

まずは[.dds]という拡張子の画像を編集できるお絵描きツールを用意しましょう。.ddsはNVIDIAがオープンなフォーマットとして公開しているファイル形式で高画質かつ高い圧縮率が特徴です。商用の多くのゲームでも使用されています。.ddsを扱えるお絵描きツールはPhotoshopやGIMPなどがあります。PhotoshopではプラグインとしてNVIDIAのサイトでダウンロード可能です。

DDSが編集できるようになったら早速一番大きいポートレートを描いてみましょう。サイズは512*512です。

できました(今回サンプルのキャラ絵は古十さんにご協力いただいております)。背景はグラデーションが付いていますね。これを実際の画面で表示するかどうか、またどのように表示するか(抜け具合)はαチャンネルで調整します。

大ポートレートは全身~上半身くらいのレイアウトにするのがいいでしょう。

続けて中サイズのポートレートを描きましょう。サイズは256*256です。

中サイズはバストアップくらいのレイアウトがいいでしょう。
(※13年1月現在、中サイズのポートレートはリザーブされているだけで使用されている箇所はありませんが、設定次第ですぐ使用可能になるのでそれなりに整った画像を作成しておいたほうがよいでしょう)

さらに小ポートレート。サイズは128*128です。

小は小さいので顔のアップがいいです。

できあがったらこれをdds形式でどこかに保存しましょう。.ddsにはさらにフォーマットがいくつもあるのですが、今回は「DXT5」というのを選択してください。ファイル名は「portrait_l.dds」「portrait_m.dds」「portrait_s.dds」にしておいてください。

セーブした画像をEF-12のdata/cha/CHxxフォルダにコピーします。ここには元々の同名ファイルがあるので上書きになります。


これでポートレートの変更ができました!早速起動すると

中身のキャラが一緒でもここを変えるだけで妙にテンション上がりますね。先にポートレートを作って、そのあと誰かモデルの作れる人にキャラモデリングをお願いするというコラボレーションなどもいいかもしれません。