モーションデータのコンバート

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - モーションデータのコンバート
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
モーションデータのコンバートProject [ EF-12 ]

作成したSoftImageなどのモーションデータは勿論そのままではEF-12で再生することはできません。データをEF-12で使用可能なフォーマットに変換する必要があります。EF-12のモーションフォーマットにコンバートするための中間フォーマットはdotXSI形式なので、作ったモーションをまずdotXSIでエクスポートします。

以下ではSoftimageでのモーション出力の流れを説明します。

コンバートしたいモーションシーンをSofimageにロードし「ファイル」メニューからdotXSIエクスポートメニューを選択します。
Exportoptionfield
エクスポートオプションについて気をつけることは画面中央のアニメーション出力のオプションのみです。ここのチェックがないとモーションデータが出力されません。
それ以外はフォーマット、バージョン共になんでもOKです。デフォルト設定のままOKし、ディレクトリを指定してdotXSIファイルを出力してください。

dotXSIを出力できたら、今度はこれをEF-12が使用するライブラリ[The FOOL Library]
用のモーションフォーマット[.fmot]形式にします。

Fmot形式にはFoolViewerを使用します。foolviewer153B\Data\MotionにdotXSIファイルを入れ、ビューアートップ階層にあるConvMotion.batをダブルクリックしてください。

再びData\Motionフォルダに戻ると.fmotaという拡張子のファイルと.fmotという拡張子の2つのファイルができているはずです。.fmotaは確認用のテキストファイルなので、まずこれをテキストエディタで開いてみましょう。

コンバートがうまくいっていれば下図のようにヘッダとモーションデータからなる長いテキストが書き込まれているはずです。

問題ないようであればfmotaファイルは破棄してかまいません。ゲーム用データfmotのほうだけゲームのキャラフォルダなど所定の場所に入れて使用してください。