【コラボ企画】プロ生ちゃんにモーションをアタッチしてみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【コラボ企画】プロ生ちゃんにモーションをアタッチしてみた!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
【コラボ企画】プロ生ちゃんにモーションをアタッチしてみた!Project [ EF-12 ]

ファイティングユニティちゃんのモーションを実際に他のキャラに適用してみるサンプルとして、あのプロ生ちゃんに格闘モーションをアタッチしてみました!!

【プロ生ちゃんとは】IT・開発系のコミュニティ「プログラミング生放送」の Web サイトです。

画像クリックでプロ生ちゃん公式サイトへ

では早速やってみましょう。

【その1:プロ生ちゃんモデルのダウンロード】
上の公式サイトから「プロ生ちゃん」→「素材」→「3Dモデル」と辿るとニコニ立体のページに飛ぶので右にあるダウンロードボタンをクリック!

DLしたzipを解凍すると以下のようにフォルダが現れます。

【その2:インポート】

この中のunityフォルダにあるPronamaChan_s.unitypackageをunityにインポートします。

メニュー > assets > Import package > Custom package

何をインポートするか聞かれるので、男は黙ってImportボタンをクリック


おや、プロ生チャンの様子が…?

実はプロ生ちゃんのモデルを正常に読み込むためにはあらかじめBlenderをインストールしておく必要があるんですね。そうしないと上図のようになってしまいます。一旦Unityを閉じ、Blenderをインストールしてから改めて同じ手順でインポートしてみてください。

今度は無事インポートに成功

【その3:モーションの適用】

無事インポートするとプロジェクト内に「PronamaChan」というフォルダがあり、中に各種設定済みのプレファブがあるのでこれをシーン上にドラッグ&ドロップします。

次に「ファイティングユニティちゃん」アセットから適当なモーションのFBXをプロジェクトに追加します。今回の企画ではアセットvol.4からShao_Kをもってきてみました。

このモーションの階層を開き、中のアニメーションファイルをシーン上のプロ生ちゃんプレファブにドラッグしてみましょう。

この図ではアニメーションファイルがShao_Kになってますが、実際にはTake_01が初期名です

はい、これで準備OK!!シーン上のカメラを適当に見やすい位置にセット、画面中央上のplayボタンを押すと!

・・・おや、プロ生ちゃん は いしのなかにいる!

はやくフロッピーを抜くのよ!!(古

はい、これはRigの設定のミスマッチが原因です。プロ生ちゃんとユニティちゃんではリグ構造が違うので、互換性を取るためにモーション側のリグ設定をHumanoidにしなければ正常に動作しません。下図を参考に設定変更してみましょう。

設定変更したら改めてプレイボタンをポチ!!!するとついにーーー!!!

・・・おや、プロ生ちゃんスカート崩壊~~~?!

プロ生ちゃんデータ内のreadmeにもありますが、Unityに持ってきたそのままだとスカートの物理がバグります。

もう一息です!この物理はとりあえず切ってしまいましょう。物理設定の切り方は本家サイトに詳しく書いてあるのでそちらを参照してください。

手元環境では下の図のようにチェックを外すことで物理挙動をオフにすることができました。

赤丸のチェックを外す

これで改めてプレイボタンを押してみましょう!!

おおおおおー!!!

ユニティちゃんとダブルキック!(キャラサイズがだいぶ違ったのでスケールをかけてあります)

再生した動画もYouTubeにおいてみました。

画像をクリックするとYouTubeに飛びます

スカートなどの物理やシェーダーの修正などについてはモーションアタッチの記事から外れるので割愛します。各自で気が済むまでカスタマイズして俺のプロ生ちゃんにしてみよう!

この記事のところまで15分くらいで出来たのでとても簡単!誰かプロ生ちゃんのアクションゲームを作ってね!