【コラボ企画】クエリちゃんにモーションをアタッチしてみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【コラボ企画】クエリちゃんにモーションをアタッチしてみた!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
【コラボ企画】クエリちゃんにモーションをアタッチしてみた!Project [ EF-12 ]

プロ生ちゃんコラボ企画で調子に乗って第二弾「クエリちゃんにファイティングユニティちゃんモーションを乗せてみるコラボ企画をやってみました!!

【クエリちゃんとは】
株式会社ポケットクエリーズさんのマスコットキャラクターで、公式サイトによると「日本のゲーム会社ポケット・クエリーズが開発した人工AI搭載のアンドロイド」なのだそうです!!

クエリちゃん公式ページはこちら

というわけで彼女に格闘技の知識を与えるべく我が研究班はUnityを起動したのである!

【まずデータをダウンロード】
公式サイトでDATA DOWNLOAD > DOWNLOADリンクをクリックすると、Unityアセットストアのクエリちゃんアセットページに行きます。ここからクエリちゃんデータをUnity上にインポートしましょう。

もしあなたがUnity5を使っていると、この時こういうワーニングが表示されます

(2015/4/16現在。将来修正される可能性があります)

これはUnity5とそれ以前で互換性がないスクリプト部分のエラーですが、単にモーションを乗せ換えるだけであればモデルがあればいいのでワーニングは無視してインポートを続けましょう(オプションはバックアップしてからインポートするか、バックアップしないで続行するかの二拓なのでお好みのほうを選択してください)

で、不要とはいってもUnity上で再生しようとするとワーニングがでて再生できません。

今回はスクリプト自体不要なのでフォルダごとエイヤっと削除しちゃってください。

エイヤッ!他にも使わないものがあるけどエラーは出ないので割愛

そしてModelsフォルダからPQchanをシーン上にドラッグ。

【モーションをアタッチ】

クエリちゃんの用意ができたらいよいよモーションをアタッチします。今回はvol.4のFUCM_04_0014_M_R_AAMという後転キックを使ってみました。例によってモデルとモーションのRig設定が違うとうまくアタッチできません。クエリちゃんのリグはLegacyになっているので、まずこれをHumanoidに変更

はい、次にモーション側のRigもHumanoidにしてアタッチしたら滞りなく完成・・・ん?・・・んん~~??

ループ再生を繰り返すと位置と角度が少しずつずれていきますね。これはHumanoidにしたモーションが前のモーション終了時の座標と角度を継承しているからです。これを修正するにはモーションのInspectorウインドウで以下のようにオプションにチェックを入れてやります。

赤丸した箇所に全てチェックを入れます

これでもう一度再生してみましょう。今度は無事にモーションがずれずに再生されました!!

せっかくなのでプロ生ちゃん、ユニティちゃんと夢の三連星を組んでみました。

という感じでクエリちゃんにも簡単に「ファイティングユニテぃちゃん」のモーションをアタッチすることができます。でもこれだけだと指とか動かないので、その辺はRigのセッティングを細かく調整しましょう。

この勢いでヴァーチャルアイドル勢揃いの格闘ゲームがすぐ出来そうですね。
ではまた!!